トップページ > 商品一覧 > 家庭用品 > 麺用品 > 鋳物製麺機 Ⅰ型 【小野式タイプ】(切幅約1.9mm)

鋳物製麺機 Ⅰ型 【小野式タイプ】(切幅約1.9mm)

392-2179

鋳物製麺機 Ⅰ型 【小野式タイプ】(切幅約1.9mm)  (392-2179)

販売価格(税込)
¥38,800
在庫状態 : 在庫僅少

この商品の評価

数量

 

<当社オリジナル 鋳物製麺機>

のしローラーの調整と各部の使用方法
ハンドルの取り付けと使用方法
▲クリックで拡大
【特徴】
・のし、麺切りが行える鋳物製の製麺機です。
・木台付でしっかりとした安定感です。
・小野式タイプの製麺機です。
※正規品は生産終了しており、入手困難です。
※当店では製品保証を行っておりますので、安心してお使い頂けます。

サイズ 本体
サイズ
幅213mm(ハンドルなし)
315mm(ハンドル付)
×奥行205mm×高さ330mm
木製台
サイズ
幅210mm×長さ450mm
ホッパー 幅80mm
切刃 切幅1.9mm
切刃幅 88mm
重量 約8.0㎏
製造国 製麺機本体:中国(組立は日本)、木台:日本

※手造り品のため、サイズに誤差が生じることがございます。

各部名称

ハンドルの取付と使用方法

ハンドルの取り付け方
①箱からハンドルを取り出します。
※本体やハンドルは鋳物製ですので、落下や衝撃により、欠けたり割れたりすることがあります。お取扱いには十分注意してください。

②本体についているハンドル固定ねじを
取り外します。(図1)

③ハンドルを本体の軸棒に差し込みます。
※この時、ハンドルがスムーズにスライドするか確認してください。(図2)

④ハンドルの軸棒に差し込んだら、ハンドル固定ねじをビス穴に差し込みます。(図3)

⑤ハンドル固定ねじは拡大図のようにねじにハンドルをはめ込んだときに、しっかりと固定されるようにしてください。
ハンドル拡大図
※ねじの頭部底とハンドルの輪郭をぴったり揃えた状態にすると、ハンドルのガタつきを解消させることができます。

生地を伸ばすとき

生地を伸ばすとき
生地を伸ばす際は、遊星ギアにハンドルのギアを合わせてください。
ハンドルを回すと、のしローラーが回転します。
※ギアの当たりが悪くなったり、消耗した場合は早めに交換を行ってください。

伸ばした生地を切るとき

伸ばした生地を切るとき
伸ばした生地を切る際は、ハンドルを拡大図のように固定ねじにはめ込み、ハンドルを回すと切り歯が回転します。
※ハンドル固定ねじは、変形する前に交換を行ってください。

この商品の評価
数量

 

この商品について問い合わせる

関連商品

お客様の声を投稿する

商品に関する声をお気軽にご投稿ください。
このお客様の声の掲載はいたずら防止のため承認制になります。

内容に問題なければ、下記の「送信する」ボタンを押してください。


  • 澤田 より:

    はじめて投稿します。
    ラーメンの製麺用にもう少し切幅がせまい、
    1.2~1.3mmのバージョンを製造していただけないでしょうか?

    0
  • 七福ツール より:

    コメントありがとうございます。
    鋳物製麺機は切刃を含め型から製造しており、新しくサイズを変えたものを製造する予定は現在ございません。
    もし新商品を企画する際には参考にさせて頂きます。
    よろしくお願い致します。

    0
  • 山本信幸 より:

    切刃1.9mmというのは、ラーメン用ですか?
    うどんを切るのは何mm幅ですか?

    2
  • 七福ツール より:

    弊社サイト内の説明では1.9mmをそば、4.0mmをうどんとご提案させて頂いておりますが、
    切幅にかかわらず、ご自由な生地にお使い頂ければと存じます。

    何卒よろしくお願い致します。

    七福ツール

    0